大河ドラマ 高須久子とは? - 最新!トレンドニュース速報!

スポンサードリンク

大河ドラマ 高須久子とは?

長州藩士の妻。長州藩士・高洲五郎左右衛門の娘。
 生没年、文化14年(1817年)頃〜不明。

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」



高須久子の紹介をします。

生まれ・・・大組三百石の家

長州藩士の妻でしたが、素行に問題があり、安政元年(1854年)、
家族が願い出るかたちの”借牢”として野山獄に入獄。
松蔭が野山獄に収監された時の同囚11人のひとりでした。

松蔭は囚人を相手に孟子の読書会や句会を開き、
久子をはじめとした囚人は、みな更生したようです。

安政2年(1855年)に松陰が出獄する際は、
「鴨立ってあと淋しさの夜明けかな」と送別の句を贈っています。

安政6年(1859年)、松陰が江戸伝馬町獄舎に送られる時、
久子は松陰に汗拭きを贈ります。

松陰は久子を思い、
「箱根山越すとき汗の出でやせん 君を思ひてふき清めてん」と詠み、
久子へ「一声をいかで忘れん郭公(ほととぎす)」と句を贈りました。

久子は明治になり出獄したようですね。

ドラマカテゴリの最新記事
2015-02-02 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピックアップ

お得!売れ筋商品

Copyright © 最新!トレンドニュース速報! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます